2012年7月14日土曜日

ほんとにもう

いじめ問題っていつ聞いてもイヤなもんですね

ぼくが中学生のころは

クラスの半分以上は虐めの加害者だったような気がする

つまり虐めなんて当たり前にあった

そういう事実を皆、親になって隠している

子供に「パパも中学校のころ弱い奴からかってよく虐めてたんだよ」

なんて子供に言えないからね

そんな俺たち世代が、いま親になっている。

そんな親が教育して育った今の子達。そりゃ虐め問題がエスカレートするに決まってる

真剣に子供たちの虐め問題に向かい合い、メッセージを残すなら

真剣に隠さず、親が子と対話してくべきだ。

それもしないくせに、学校や教育委員会だけの責任に問うのは

おかしな話だ

社会全体の責任。

ちなみに、ぼくも小学校のころ一人の女の子を虐めたことがあった。
すごく後悔している。
逆に中学校に入ってから、友達グループから無視されたことがあった。
すごく傷ついた。それ以降は絶対イジメはしないと決めた
だけど、高校のころ、クラスメイトが虐めにあった。助けられなかった
中高校生なんてのは、そういうもんだ

きっと皆も、同じ経験あると思う

だからこそ、いまの子供達にはそれが当たり前になって欲しくないと
つよく感じている

真剣に向き合おう。

やい!現代っ子達!
人を虐めると心に傷をつけることになるし、その傷は自分の心にもついてしまう
この傷はやっかいなもんで、消したくても消えないんだ
虐めはヤメよう・・・じゃなくて、虐める必要がソモソモないことを知ろう
人類皆兄弟なのだから

0 件のコメント:

コメントを投稿