2011年4月26日火曜日

Open your mind!!!

堀江貴文が実刑確定へ。

記者会見を見たけど、しょうもないと思った。

元々人を雇う人間、つまりイチ組織の元リーダーとして君臨していた人間が
内情がどうであれ、自身が置かれている立場を誠実にとらえ発言すべきなのに
自身の反省の言葉や、迷惑をかけた人達や応援してくれたスタッフなどに対しての
謝罪や感謝の言葉が一言もでなかった。

それどころか

「ぼくは悪くない」
「ぼくのせいじゃない」
「相手がわるいんだ」
「ぼくが被害者だ」

こういう利己的な幼稚な考え方に憧れちゃいけない。

だが現実は、金がモノをいう目先に捕われたチープな生き方や
傲慢なのがかえって格好イイ、、などという低俗なスタイルが
あたかも正しいと見えてしまう風潮が簡単に蔓延してしまうほど
われわれ日本人の精神は、秩序や道徳心はあったとしても
それを裏付ける絶対的な哲学がないために、心に迷走がおき
外から叩かれれば案外モロく崩れてしまう。

ぼんやりと漠然とした観念的な美学でしかないために
状況が変わってしまえば、その都度、考え方がコロコロと変化してしまう。
そこには当然、精神の主軸をささえる哲学や思想などは無いがために
開き直り、まちがった「オレ流」が現れてしまう。

一見、『オレ流』なんていうと
オリジナル感があって格好よく聞こえてしまうため
ガキんちょ達は、みんな言葉にだしたくなってしまうのだ。
聞こえは格好良いかもしれないが中身は空っぽなケースが多い。

過去の哲人偉人たちは人から生き方を学び人の為に生きた。
思想哲学は、オレ流ほど危険なモノはない。
ヒトラーが良い例である。

いまの日本人に必要なのは、人から学ぶ、誠実な精神を蓄えるべきチカラが必要なのだと思う。
そして、目先のモノゴトやアクションに簡単に流されないでほしい。
すべての情報や出来事やウワサ話に
いちど疑いの眼を持ち、自身の五感で体感し、自分の答えを出すべきだ。

自分がどう生きるか。

自分が何のために生きてるのか。

自分が何のために生まれてきてるのか。


答えはひとつ
人は幸せになるために生きてる

自身の幸せは、他人の幸せの中にあることを忘れちゃいけない


Open your mind!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿